このエントリーをはてなブックマークに追加

夫婦で我慢に我慢を重ね、待つこと二年。

娘が誕生、そして無事に一歳を迎え、いよいよ
三人家族となって初の旅行が近づいてきました。

hidechichi.hatenablog.com

今回の旅行を計画するにあたり、初めて直面した
赤ちゃん歓迎の宿探しの苦労と、最終的に下した
僕たちの決断について書きたいと思います。


妊娠中も含めて、何しろ二年ぶりの旅行ですし、
娘にとっては人生で初めてのイベントですので
とにもかくにも「宿」が最大のテーマでした。


つかまり立ちは出来ますが、まだ歩けない娘を
連れてのテーマパークは厳しいので、とにかく
ゆっくりくつろげる旅館を探します。


じゃらんベビー妊婦さん・赤ちゃん連れはじめて旅行ガイド2016-2017保存版


ここで僕たちがまんまと嵌まってしまったのが
特集ページなどでよくある「赤ちゃん歓迎の宿」

オムツ完備、離乳食あり、粉ミルクもある諸々、
それはそれで、必要な人にすれば大変有り難い
サービスだと思います。


ですが。

我が家に限っては、どれも必要ありません。


むしろ、普段から自宅で使い慣れたものを
自由に持ち込んでもらっていいですよ!と、
一言書いてもらったほうが嬉しいですね。


それと調べていて多かったのが、ベビーOKの
客室は元来、人気のない「山側」の部屋だったり、
明らかに導線の良くない場所が多いです。
※せっかくなら景観の楽しめる部屋がいいですよね。


そんなこんなの理由で、僕個人としては
あまり【赤ちゃん歓迎の宿】に拘らずに
泊まりたい宿を探すことをお奨めします。


そして。

紆余曲折、あーでもないこーでもないと連日、
妻と協議を重ねた結果、娘の初めての旅館は
こちらにお世話になることにしました。

f:id:hidechichi:20170704113540j:plain

決め手になったのはやっぱり「一日二組限定」
という響きと、離れの宿なので他の宿泊客様に
ご迷惑を掛けない、ことです。


もちろん、歩けない乳幼児がいること、
ベビーチェアや布団を持ち込んでよいか
などなど、メールで事前に確認しました。

すると。
f:id:hidechichi:20170704114018j:plain

ご丁寧に自筆で、それも達筆なお手紙
頂戴し、改めて僕たちは感動しました。


やっぱり娘の初めての旅ですし、人生初の旅館
になるわけですから、妥協はしたくありません。

赤ちゃん連れだから迷惑かな、とか
考えたくなる気持ちもよく分かります。


でも、きちんとこちらの事情を説明すれば
快く受け入れて下さる素晴らしい宿だって
たくさんあると思います。


ここに家族で泊まりたい!と思える
宿を探して、トライしてみましょう。


hidechichi


【追記】
宿泊レポートも後日アップします。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村