よく色々なアコギを見てはコチラに書いているわけですが
たま~に言われる事。

『見た目重視ですか?』

さにあらずと言えないところが痛いところですが
そういう傾向は確かにあります。

当然楽器なので、『音』が大事というところですが
そもそも「よく鳴る音」とは何なのか?
僕にとってこれは非常に難しい問題。

自分の好きな音、好みの音は分かりますが
いい音という定義がボンヤリしていると言う感じ。

実際いい音しているというアコギを聞いて
『普通かな?』って思った事もあるし、その逆もしかり。

だから自信を持って『いい音するアコギですよ!』と
言うには幾分勇気がいる次第。

楽器屋でアコギを眺めながら思うのは
まず自分が弾いてみたいと思えるかどうか...
やはりカッコよいと思えないアコギは、例えば購入した後も
手を伸ばさなくなるような気がするから。

見た目をクリア後、店員さんに試奏したい旨をお願いし
音よりなによりも、『自分にとっての弾きやすさ』をチェック。
これも上と同じ理由。弾きにくいアコギは弾かないですから。

要は、ケースにしまいこんだままにならず
長く弾けるアコギかどうかを重きにおいてます。

高名なアコギであれケース入れたままでほとんど弾かないモノと
好みの音がするガンガン弾きこんだモノ


アコギにとっても幸せモノは後者であり
弾く側にとってもまた然りとは言い過ぎでしょうか。