f:id:masaechigasaki:20141019220632j:plain

ひんやりデザートできました。

クラッカーの下地に桃のムース、桃のゼリー。桃づくし。

切り分けるのが大変なくらいふるっふる!味見第一号の長男は「うまい!!」と、絶賛してくれました♫

いつものように混ぜるだけ。洗い物も極力少なく済むようかんたんに。

では、レシピ公開☆

[ 材料 ]

  • 白桃缶    1缶
  • 粉ゼラチン  10g
  • 水    大さじ2
  • 生クリーム  200ml
  • 砂糖   大さじ2
  • 黄桃缶    1缶
  • 粉ゼラチン    5g
  • 水    大さじ1
  • クラッカー  100g
  • バター      50g

f:id:masaechigasaki:20141020060853j:plain

<器具>

  • スケール
  • ジップロック
  • 綿棒
  • ボウル
  • 泡立て器
  • ゴムベラ
  • 耐熱容器(小)
  • 20cm×20cmスクエア型
  • ラップ

[ 作り方 ]

  1. クラッカーをジップロックに入れて砕く。バターを入れてなじませる。型に敷き詰める。
  2. 白桃を粗みじんにしてシロップと混ぜておく。
  3. 粉ゼラチンに水を加え、電子レンジで50秒加熱して溶かす。
  4. 生クリームに砂糖を加え6分立てにする。
  5. ゼラチンの粗熱がとれたら、②に加えて混ぜる。生クリームも加えよく混ぜる。
  6. ①に生地を流し入れ、冷蔵庫で1時間冷やす。
  7. ゼラチンに水を加え電子レンジで40秒加熱して溶かす。
  8. 黄桃を薄くスライスする。
  9. 缶詰のシロップに⑦を加え混ぜる。
  10. 冷えたムースの上に黄桃を飾り、⑨を上から流し入れる。冷蔵庫で1時間冷やす。

f:id:masaechigasaki:20141020062042j:plain

▲ジップロックにクラッカー(森永小麦胚芽のクラッカーを使用)を入れて綿棒でひたすら叩きます。叩いて叩いて。

 

f:id:masaechigasaki:20141020062143j:plain

▲粉々になったらバターを投入します。よくもんでクラッカー全体となじませます。

 

f:id:masaechigasaki:20141020062205j:plain

▲スクエア型にラップを敷いてクラッカーを敷き詰めます。ぎゅう〜と強く押し付けてください。

 

f:id:masaechigasaki:20141020062233j:plain

▲小さい耐熱容器に粉ゼラチンと水を加えて電子レンジで50秒加熱します。すると、ゼラチンが溶けてこんな感じになります。粗熱をとっておきましょう。

 

f:id:masaechigasaki:20141020062252j:plain

▲生クリームに砂糖を加えて6分立てにします。

 

f:id:masaechigasaki:20141020062334j:plain

▲白桃を粗みじんにしてシロップと一緒にし、粗熱の取れたゼラチンを加えよく混ぜます。(耐熱容器は後で使いますので、洗わずそのままにしておきましょう)

 

f:id:masaechigasaki:20141020062401j:plain

▲6分立てにした生クリームに白桃を加え、よく混ぜます。

 

f:id:masaechigasaki:20141020062423j:plain

▲ムース液の出来上がりです。

 

f:id:masaechigasaki:20141020062443j:plain

▲クラッカー台にムース液を流し入れ冷蔵庫で1時間冷やします。

 

f:id:masaechigasaki:20141020062514j:plain

▲冷えたムースにスライスした黄桃を飾ります。

先ほど使った小さい耐熱容器にゼラチンと水を入れて電子レンジで40秒加熱して溶かします。缶詰のシロップにゼラチンを加えよく混ぜたら型に流し入れ、冷蔵庫で1時間冷やします。

 

f:id:masaechigasaki:20141020062543j:plain

▲カットして器に盛り。

 

f:id:masaechigasaki:20141020062602j:plain

▲できました〜完成です♫

 

桃缶があまっていたので何かできないかなと思ってやってみました。

ふるふるなので切り分けるのが大変。サーバースプーンとか大きめのスプーンがあれば、ティラミスのように取り分けてもかわいいと思います。

ムースの中に粗く刻んだ白桃の食感が残っていて、桃がお口の中に広がります。とっても美味しいデザートの出来上がりです♡

ぜひ、作ってみてくださいね☆