マッコイのピアノだけ聴いてるとJUJUの頃のサウンドに聞こえる。メンバーの中でこの人だけが「過去のShorter」と競演している感じで、他のサイドマンとミスマッチ。個々の曲想もマッコイを特別に必要としている感じでもないし、これは単に「こないだはトニーの代わりにエルビン使ってるから、今度はハンコックの代わりにマッコイ使ったれ」位の意図しかなかったんではと言う。このミスマッチ感がライオンの気に障ったのか結果としてお蔵入りに?。そういうこともあるかもしれない雰囲気のアルバム。演奏自体は悪くないしむしろお勧め。有名盤だけどもね。

追記

聴きこむほどに没個性的なスポ-ルディングのアルトが耳障り。この中に入れてしまうと匿名性の高い彼の演奏は「カットしろ」とか思わざるを得ない。3管の要としては機能しているのでメンバーから外せとは言わないが、こんなに長いソロスペースを(慣習的に)与える理由はないと思った。