https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/N695_huruipachinkodai_TP_V.jpg

 

あー、どうもみなさんこんばんちわっす。

 

こないだ、たまたま通りすがった見た目100パーバンドマン(ちょっとビジュアル系より)が、日傘を差して歩いてるのを見て、かなりの衝撃を受けました。

http://4.bp.blogspot.com/-mAYxFsAnDNs/UqmPZTDeIiI/AAAAAAAAbi4/llmfKKp90M0/s400/higasa_man.png

 

 

きも

 

いや、たしかにめっちゃ色白だったけども…

 

 

お前は故・鈴木その子大先生かよ

 

http://static.nikkan-gendai.com/img/article/000/146/743/f38af81d06423ab37c23cee6e5747676.jpg

http://static.nikkan-gendai.com/

その子の美容革命 白肌は絶対おトクよ! (ノン・ブック)

その子の美容革命 白肌は絶対おトクよ! (ノン・ブック)

  • 作者: 鈴木その子
  • 出版社/メーカー: 祥伝社
  • 発売日: 1998/10
  • メディア: 新書
  • クリック: 1回
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 

最近のバンドマンって、ついには美白にまで気を使うのか…∑(゚Д゚)

 

きも

 

俺なんか既に5月の時点でこんなに焼けていると言うのに…

f:id:masa10xxxxxx:20160516145617j:plain

 

 

ちなみに日傘差してる男って女性からしたらどんな感じなんすかね?

 

きも

 

是非ともご意見頂戴したいっす。

 

そんな感じの今日この頃。

 

だかひーです、ちーっす。

 

ま、それはいいとして。

 

 
 

誰もが気になるブログのPV数

 

このブログを書き始めてから、気付けば半年近くくらい経つんですけど、前にもこんなこと書いたんですが

 

masa10xxxxxx.hatenablog.com

 

 

まぁ、ブログ書いてる人なら誰しも気にしない人はいないであろう、そう

 

 

PV数

 

 

これ、もしかしたらブログ書いてる人あるあるなのかもしんないですけど、結構気合い入れて書いたやつが思ったよりリアクション薄かったり、割とぽんっ!ってテキトーに書いたやつの方が、ビックリするようなリアクション来るときありません?

 

俺だけ?笑

 

 

つっても、まぁリアクションが良かったっつっても、別にこのブログのPV数なんてそう大したもんでもないんですが。苦笑

 

 

ブログのPV数はパチンコみたいなもんだと思っている。

 

でも、ちょっと周りを見れば、やれ「今月は○○万PV!」とか「アクセスアップの方法教えます!」みたいな、やたらと重要視されるPV数。

 

ま、もちろん大事なんですけどね。

読まれないほどツライものはないと思うし。苦笑

 

個人的にこれ、ずっとなんかに似てるなーと思ってたんですけど、最近気付いたんです。

 

 

 

あー、これパチンコに似てるわー。

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/N695_huruipachinkodai_TP_V.jpg

 

 

と。

 

 

まぁ、パチンコと言えば説明の必要もいらないがただのギャンブル。

 

たまーにパチプロとか言って、パチンコだけでメシ食ってる人もいるらしいけど。(最近はどうなのか分からんけど。)

 

ブログで言うとこの「プロブロガー」(猛爆)みたいなもんですかね?

 

僕もこう見えてたまーにパチンコ打ったりするんですけど(1円パチンコオンリー。苦笑)、全然パチンコの知識ないような僕ですら、たまーに当たることもある訳ですよ。

 

ホントたまーにだけど。涙

 

 

ブログのPV数もどっかそれに似てるなーと思って。

 

僕はまだ経験したことないんですけど(涙)、ブログ界でよく言われる、いわゆる「バズ」

 

バズとは?

一般的には、ツイッターやFacebook、はてなブックマークなどのSNS・ソーシャルブックマークを介して爆発的にアクセスが増えている状態をバズと言います。

 

バズとは?記事がバズるとブログの収入やアクセスにはどう影響するのか? - Cognitive Dissonance

 

 

 

要はたまーに、とんでもないアクセス数を記録することがあると。

 

 

それがパチンコでめっちゃ勝ったような状態ね。要はフィーバー状態。

 

当たったー!!

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/MKJ_kyouheisakebu_TP_V.jpg

 

 

みたいな。笑

 

 

で、その大当たりの快感が忘れられずにひたすら一生懸命ブログを書き続けるも、毎回バズが起きる訳でもないので、それに一喜一憂するみたいな。苦笑

 

で、またたまに当たるの繰り返し。

 

 

ま、ブログとパチンコの大きな違いは、パチンコはギャンブルなんで0か100しかないけど、ブログは積み重ねである程度の勝ち(PV数)は安定して獲れるってとこですかね。

※マメに更新してればの話だけど。

 

なんで、僕は最近ブログのPV数ってパチンコに似てるなーって思ったんですけど。

 

 

 あとがき

 

あとはどんだけ楽しんでやるかってとこですかね。

楽しんでやるパチンコ勝ちに行くパチンコって、たぶん気持ちの持ちようが全然違うんすよね。

 

要は「負けてもいいやー」くらいの気持ちでいくのか「何としても勝たねば…」ってな気持ちでいくのか。苦笑

 

僕は断然、前者なんですけど。(後者だったら結構ヤバいからね。苦笑)

 

 

だから、最近はブログも「たくさんの人に読まれたらそりゃ嬉しいけど、それは俺が考えて分かるもんでもないのでそれはそれでいいやー」くらいに思ってます。笑

 

って考え出してから、やれブログの読者数やらPV数やらあんま気にならなくなりました。(ちょっとはなるけど。笑)

 

っていうか、必ずしも読者数が多かったり、PV数が多かったら面白いブログ!って訳でもないしね。

 

最近はてなーで流行ったあの事件(あれはマジで心の底からキモいと思ったけど)も、大炎上してたから、たぶんPV数はめちゃめちゃあるでしょう。

 

けど、あれ面白い・タメになるか?つったら「?」ってなるでしょ?

 

 あと、ごくたまに自分で自分のことを「人気ブロガー」とか言っちゃうやつもいるけど、あれもマジでキツイ。苦笑

 

 

そんな感じっす。

 

 

 

だから、ブログの読者数やらPV数やらにこだわっている人いっぱいいるっぽいですけど、そういう考えでいたら多少は気持ちも楽にブログ書けるんじゃないでしょーかー?

 

なんちゃってー。

 

では!

 

 

ブログの成功技術:ブログ記事の書き方究極のガイドブック

ブログの成功技術:ブログ記事の書き方究極のガイドブック

  • 作者: 株式会社イノバース與五澤憲一
  • 発売日: 2017/03/04
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る
 
世界一やさしい ブログの教科書 1年生

世界一やさしい ブログの教科書 1年生

  • 作者: 染谷昌利
  • 出版社/メーカー: ソーテック社
  • 発売日: 2016/08/11
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 
ゼロから学べるブログ運営×集客×マネタイズ 人気ブロガー養成講座

ゼロから学べるブログ運営×集客×マネタイズ 人気ブロガー養成講座

  • 作者: 菅家伸,かん吉
  • 出版社/メーカー: ソーテック社
  • 発売日: 2016/10/08
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 
 

和泉美沙希ちゃん関連ツイート(動画、画像)Part3 です。

今朝、家を見に行くと、
屋根が完成していました。


カーテンがあるのでどうしても見づらくなるのが
つらいところ。

早く足場が取れるとよいのですが、
外壁の工事がまだまだなので致し方なしです。



屋根に接近。


屋根のてっぺんの部分です。

屋根の横のエッジ部分は釘ではなく、
ネジで止められるんですね。知らなかった。。。


家の中では、床暖房のパネルを配置する作業がされていました。


職人さんの話によると、今日中にパネルを配置し、
9月2日(金)に別の業者さんが
床暖房のパイプ敷設をするそうです。


いつの間にか、電気配線の工事とロスガードの配管工事も
かなり進んでいるようでした。




台風が接近中ですね。
被害がないことを祈ります。


※ブログ村に登録しました。ポチっとお願いします。



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ(文字をクリック)

1983年の全米シングルチャート上位曲と、大ヒット曲です。

 

Synchronicity + Merch Insert

Synchronicity + Merch Insert

  • アーティスト: The Police
  • 出版社/メーカー: A&M
  • 発売日: 1983/01/01
  • メディア: LP Record
  • この商品を含むブログを見る
 
50 Greatest Songs

50 Greatest Songs

  • アーティスト: Police
  • 出版社/メーカー: Imports
  • 発売日: 2009/04/14
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 

 

Flashdance: Original Soundtrack From The Motion Picture

Flashdance: Original Soundtrack From The Motion Picture

  • アーティスト: Irene Cara,Donna Summer,Laura Branigan,Michael Sembello,Kim Carnes,Shandi,Helen St. John,Karen Kamon,Joe Esposito,Giorgio Moroder
  • 出版社/メーカー: Island / Mercury
  • 発売日: 1998/07/14
  • メディア: CD
  • クリック: 3回
  • この商品を含むブログ (7件) を見る
 

 

Toto ?

Toto ?

  • アーティスト: Toto
  • 出版社/メーカー: Culture Factory
  • 発売日: 2014/07/08
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 

The Very Best of

The Very Best of

  • アーティスト: Bonnie Tyler
  • 出版社/メーカー: Imports
  • 発売日: 2015/10/02
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 

namatsu12727.hateblo.jp

 

namatsu12727.hateblo.jp

 

 

広瀬麻知子さん関連ツイート(動画、画像)Part269 です。

ラマ4世通り

2018/03/10

ラマ4世通り
RAMA Ⅳ

 

国:タイ
都市:バンコク

 

bangkokryokou.hateblo.jp

bangkokryokou.hateblo.jp

bangkokryokou.hateblo.jp

bangkokryokou.hateblo.jp

 

 

 

【ラマ4世通りのホテル】

 

セントラセントラルステーション
バンコクセンターホテル
SKブティックマハナコン
@ファランポーンホステル
コージーバンコクプレイス
アットワンサービスホテル
マンダリンホテル
オーキッドホステル
スライブザホステルパッポン
テイクアナップ
クラウンプラザバンコクルンピニーパーク
ソフィテル・ソ・バンコク
デュシタ二バンコクホテル
アエタスルンピニ
ピナクルルンピニパークホテル
マレーシアホテルバンコク
イビスバンコクサトーン
プレジデントパークホテル
デイビスホテル
BOSSマンションレジデンス
ホープランドエグゼクティブレジデンススクンビット46/1

 

毎年恒例の冬旅。

今年は仙台に行くことを決めました。

 

ゲームの影響で

伊達政宗が大好きになった息子。

熱心に本を読んでいたので

仙台城跡や資料館に

連れて行ってあげたかったのと

仙台グルメを堪能したかったから☆

 

 

でも一番は

震災の時、まだ子供が小さくて

募金以外 できることがなかった。

いや、本当に無かったのか

もっと何かできたんじゃないか

 

でも、計り知れない

辛い思いをした人たちに

私なんかに何ができるのか

 

うっとおしく感じるのではないか

そんな思いがずっとあって

ただ募金を続けているのだけれど

 

実際見てきたら

何か 今できること に

繋がるかもしれないから

 

行ってこようと思います。

 

 

 

ウトゥが

2018/03/10

やや下降ラインに乗って頭が重め。こういう病気だからしょうがないので呻きながら乗り切ろう。うう。

Video by _911007nicole:

f:id:jun_53a_t:20161005001329j:plain

8月のフィンランドの空港で見かけた残念な日本人の話。

 

ワンワールド(JALやフィンエアーが加盟する航空会社のチーム)系のラウンジで見かけたその人は、50歳すぎのおじさん。

ヨレヨレの白Tシャツに短パン、汚れたリュックを背負っていました。

手には日本のパスポートが握られています。

 

ラウンジにはドリンクや軽食が置かれてあり、各自で飲食物を食器についで自分の席でいただくのですが、そのおじさん日本人は食べながらラウンジ内を歩いていて、

 

「あんな人にはなりたくないなぁ」と思ったのです。

 

高い金額でビジネスクラスに乗る人、普段から飛行機によく乗っている人、もしくは7000円ほど払ってラウンジ券を買った人が入れる空間がラウンジです。

そこにいる人たちも上品な方々ばかりです。

 

そういう空間だからこそ、お互いにある程度綺麗な服装、きちっとしたマナーを大切にするということが求められるとおもうのですが、それらに欠ける日本人も存在することにショックでした。